ドクター・ウィーラワット


患者さんの間ではドクターVとして知られるドクター・ウィーラワットは、形成外科医として確固たる名声を築いています。彼は、豊胸手術や乳房リフトの専門医として引っ張りだこで、患者さんのほとんどが他の患者さんからの紹介で来ています。

集中し熟練した外科医であるドタクーVは、手術前に患者さんが現実的な期待を持つように、そしてあらゆる疑問に答えを得られるように、全ての患者さんに正直に話をすることを目指しています。ドクターVは細部への配慮と、自然な見た目を追及している豊胸手術の患者さんに、しばしば涙型のインプラントやデュアルプレーンを薦めることで有名です。

彼の目標は患者さんの総数ではなく患者さんの満足です。それにもかかわらず、彼の予定表は予約で一杯で、新規の患者さんは手術の推薦を受けるまでに1-2週間は待たないといけません。通常、ドクターVは術前の診察と手術を別々の日にすることを好んでいます。これにより、患者さんは勧められた手術プランや追加の質問についてじっくり考える時間を持てます。

ドクターVはプーケットに深く根差した家庭的な人でもあります。彼は2000年からプーケット・インターナショナル病院で手術を担当しており、PIACの創設メンバーの1人です。乳房手術に加え、フェイスリフト、瞼の手術、鼻形成術、耳の手術、タミータック、陰唇形成術にも長けています。

氏名

Dr Veerawat Tirananmongkol

話せる言語

タイ語、英語

専門分野

外科医略歴(PDF)

PDFのダウンロード

  • 1988-1994年 チュラロンコーン大学医学部、医学士(2等級優等学位)
  • 1994-1998年 インターン: プリンス・オブ・ソンクラーン大学医学部
    一般外科医免許
  • 1998-2000年 チュラロンコーン王記念病院
  • 形成外科医免許
  • 2000-2005年 タイ・プーケット、ワチラ総合病院形成再建外科部長
  • 2000-2005年 ワチラ総合病院形成再建外科指導医
  • 1998年 スリン県、ロッブリ県、タイ赤十字 口唇口蓋裂手術トリップ、形成外科医
  • 1999年 アユタヤ県、サコンナコーン県
  • 2001年 ヤラー県、スマイル事業基金、口唇口蓋裂手術トリップ、形成外科医
  • 2000-2004年 パトン医院、形成外科医
  • 2004年-現在 ドクター V 若返り美容形成
  • 2000年-現在 パトンビーチ病院、非常勤形成外科医
  • 2000年-現在 プーケット・インターナショナル病院、非常勤形成外科医
  • 2006年-現在 プーケット・インターナショナル美容センター、創設メンバー
  • 2000年 韓国・ソウル、第7回国際東洋美容形成外科大会
  • 2002年 シンガポール、第11回アセアン形成外科大会
  • 2005年 イタリア・ボローニャ、HBIDA国際大会
  • 2005年 ベルギー・ブリュッセル、サビン臀部インプラント研究会
  • 2005年 米国・ノーフォーク、スマイル事業基金・医師研修プログラム
  • 2006年 米国・サンフランシスコ、鼻形成術研修コース
  • 医師免許: タイ・メディカル・カウンシル 1994年
  • 1998年 タイ一般外科医認定
  • 2000年 タイ形成再建外科医認定
  • 顔面手術、乳房手術、体形矯正
  • タイ・メディカル・カウンシル、完全登録
  • タイ王立外科医師会
  • タイ形成再建外科学会
  • タイ美容形成外科学会

患者さんからの声

Read what past patients have to say about ドクター・ウィーラワット, their experience with Plastic Surgery Phuket - PPSI and other comments on the procedure, hospital staff, facilities and more.

芸術写真

ドクター・ウィーラワット を受けた患者さんの術後の芸術写真から抜粋。

More Surgeons

Browse other plastic surgeons at Plastic Surgery Phuket - PPSI.

ページ 1 / 2 を表示 Next

ニューズレターの申し込み

最新のスペシャル・オファーを受け取る