顎インプラント

顎インプラントとは顔の輪郭を改善・向上させるために用いる人工物または生体物質で、顔のバランスを良くすることが目的です。顎の骨組みを増幅することで、顎をもっと突き出させ、顔の輪郭がよりくっきりとします。

手術名

顎インプラント  

一般名

顎インプラント
 

手術の手順

執刀医はまず、輪郭を改善するのに最適な大きさと形のインプラントを選びます。それからポケットのような空間を作るため下唇の内側に沿って、あるいは顎のすぐ下を小さく切開します。インプラントがポケット内に入れられます。

 

入院

外来手術。入院は不要

手術時間

1~2時間

麻酔

局所麻酔

手術前の注意事項

手術の前にアレルギー、全ての病歴・持病、使用しているあらゆる薬(処方薬、市販薬のどちらも)について担当医に報告してください。骨疾患のある人やここ最近6か月以内(場合によってはもっと長い期間)にアキュテイン(Accutane)を服用していた人は、この手術を受けられません。術後の出血を予防するため、アスピリン、アスピリンやブルフェンを含む全ての薬は手術の2週間前から服用してはいけません。喫煙も麻酔薬に対する反応に影響を与えたり治癒を遅らせたりする恐れがあるので、手術の少なくとも2週間前から禁煙すべきです。高血圧の患者さんは必ず手術前にそのことを執刀医に報告しておかなければなりません。執刀医とのコミュニケーションは非常に大切です。執刀医が何が実現可能であるかを判断できるよう、自分の希望する容姿をはっきりと話し合う必要があります。手術の2、3日前から顔や首の周りを抗菌効果のある洗剤で洗う必要があります。  

術後の注意事項

腫れや不快感を最小限にするため、一般的に術後は顎にテープが貼られます。5~7日後に抜糸されるでしょう。口腔内切開がある場合は、溶ける糸が使われているでしょう。

 

リスクと合併症

どんな外科手術にもリスクは付き物です。最も一般的なリスクは腫れ、あざ、出血、感染症、液体貯留、痺れ、顎の感覚変化です。この手術で最も多く見られるリスクは麻酔による痺れと腫れです。治癒か進むにつれ感覚は戻ってきますが、場所によって感覚が戻るスピードに差があることを覚えておいてください。唇の痺れが引くまで2~3週間かかるはずです。その他のリスクとして腫れ、外傷や血腫による非対称やインプラントのズレがあります。この場合は恐らく再手術が必要となるかもしれませんが、めったに起こることではありません。

 

手術概要(PDF)

PDFのダウンロード

料金表

Please contact us for our latest prices.

Please contact us for our latest prices.

L.A.=局所麻酔、G.A.=全身麻酔

注意:

  • 料金はタイ・バーツで表示され請求されます。
  • その他の通貨で表示された料金は為替レートにより変わります。
  • 料金は指標であり、事前予告なしに変更されることもあります。外科医の診察を受けるまでは確定されません。
  • 麻酔。G.A.は全身麻酔を、L.A.は局所麻酔を意味します。
  • 手術時間は手術室内で手術が完了するまでのおおよその時間です。
  • 入院日数はおおよその入院期間です。入院日数が書かれていない場合は外来での治療となります。
  • プーケット推奨滞在日数は、一般的に必要とされるプーケット滞在の最低日数を示しています。これには到着日、外科医との診察日、入院日と手術日、静養期間、及び帰国前の最後の診察日が含まれます。

Get Ready For Surgery

 

Want more information?

Complete our Online Estimate for a free instant quotation or simply contact us with any questions you have.

Get a Free Quote

その他の 顔 手術

Other plastic surgery procedures performed at Phuket Plastic Surgery Institute (PPSI).

ページ 1 of 2 pages Next

ニューズレターの申し込み

最新のスペシャル・オファーを受け取る