脂肪吸引

脂肪吸引は今日最もよく行われている美容形成手術の一つです。この手術に対して現実的な期待が持てる人であれば、ほぼ必ず結果に大満足するでしょう。脂肪吸引により、着る物の選択肢が増えたことに心地よさを感じ、自分の体に対しても楽に感じられることでしょう。これは食事療法や運動の代用にはなりませんが、従来のダイエットでは細くできない体の部位から脂肪を取り除く施術です。健康的な食生活と規則的な運動により、新しい体形をその先何年も維持することができるでしょう。

手術名

脂肪吸引

一般名

脂肪吸引

手術の手順

脂肪吸引では小さなカニューレ(空洞になったチューブ型の手術用具)を皮下の脂肪組織内に深く入れます。そして必要な脂肪量を除去するまで吸引します。成功の鍵は、確実に皮膚の外層間は平らな状態のままで残して脂肪を除去することです。チューメセント法は最も一般的な手法で、脂肪を除去する前に生理食塩水を注入します。通常この溶液には局所麻酔と脂肪を緩めて血管を収縮させ、その部位を麻酔する作用のある物質が含まれています。痛みや腫れを減らし、より容易に脂肪を除去することができます。リポスカルプチャーはウエスト、ヒップ、太腿を均整が取れるよう形作る技術のことです。リポシェイピングは全体のサイズを小さくするために、体中から脂肪をくまなく除去することを言います。リポトスラクチャーは抜き出した少量の脂肪を使って顔の輪郭を整える方法です。リポビルディングは抜き出した多目の脂肪を使って胸を大きくしたり、体輪郭を大きくしたりする技術です。表層脂肪吸引は皮膚のすぐ下にある脂肪を除去することで皮膚を収縮させます。立体的脂肪吸引は三層すべての脂肪除去を組み合わせたもので、体を引き締めて整え皮膚を収縮させます。脂肪吸引は体のほとんどの部位に行うことができます。最も一般的な部位は腹部、腰、お尻、太腿、膝、上腕、顎、頬、男性の胸部、女性の乳房、ふくらはぎ、足首です。必要であれば、取り出した脂肪を顔や体の他の部位に移すこともできます。

入院

1泊

手術時間

脂肪吸引の所要時間は、除去する脂肪の量によって大きく違います。狭い部位から取り出せる脂肪の量は500ミリリットルぐらいで、体全体の成形の場合は7リットルまで取り出せます。1回の施術で7リットル以上を除去するのは、体がショックを起こす危険性があるので、無分別なことと見なされています。

 

麻酔

局所麻酔か全身麻酔(個々の手術内容と不快感の程度によります)

 

手術前の注意事項

手術前の診察で担当医が患者さんの健康状態や脂肪吸引で治療できる脂肪が堆積した部位を評価します。 腹壁形成術(タミータック)の方が患者さんにより適していると担当医が判断することもあります。手術準備について説明があるでしょう。食事、飲酒、喫煙、服用すべきあるいは避けるべきビタミン・鉄剤・特定の薬について指示があるでしょう。風邪を引いたり、どんな種類でも感染症(特に皮膚の感染症)にかかっている場合は、手術を延期しなくてはならないかもしれません。高血圧の患者さんは必ず手術の前にそのことを執刀医に報告しておかなければなりません。術後の出血を予防するため、アスピリン、アスピリンやブルフェンを含むすべての薬は手術の2週間前から服用してはいけません。

術後の注意事項

術後、残された脂肪が新しい輪郭に押し付けられる間、体形を固定するようデザインされた圧迫帯で覆われています。この圧迫帯は約2か月間は昼夜を問わず着けなくてはなりませんが、シャワーや入浴時など短い時間外してもよいでしょう。術後は腫れ、あざ、こわばりのせいで不快感があるかもしれません。手術による不快感は一時的なもので、ほとんど患者さんは1週間以内に仕事に復帰しています。

 

リスクと合併症

あざは珍しいことではなく術後最初の数日は見られますが、1、2週間のうちに次第に消えるでしょう。デコボコした皮膚はまれでめったに起こりません。傷跡は最小です。必要な部位を約1センチ切開しますが、次第に薄れて時間が経てば分からないほどになるでしょう。糖尿病、心臓病、肺病、血行不足などの疾患がある人や、治療予定部位の近くの箇所を最近手術した人は、脂肪吸引のリスクがもっと大きくなります。

 

結果

術後すぐに体輪郭の違いが分かることでしょう。しかし、改善された結果は腫れが引くに従い、だんだんと明らかになってきます。約3か月後には軽い腫れは消え、その後の6か月で最終的な輪郭が見えてくるでしょう。手術の後、洋服のサイズが1サイズ小さくなることを期待するかもしれませんが、これは減量のための方法ではありません。脂肪吸引はより良い体輪郭を成形するのが目的です。脂肪吸引に最も適している候補者は、標準体重でしっかりとした弾力性のある皮膚をしていて、特定の部位にだけ過剰な脂肪がある人です。年齢は大きな要因ではありませんが、とは言え、年齢が高い患者さんの場合はしっかりとした皮膚をした若い患者さんに比べると皮膚の弾力性が劣るため、手術の結果も若い患者さんほどは良くないかもしれません。

 

手術概要(PDF)

PDFのダウンロード

料金表

Please contact us for our latest prices.

Please contact us for our latest prices.

L.A.=局所麻酔、G.A.=全身麻酔

注意:

  • 料金はタイ・バーツで表示され請求されます。
  • その他の通貨で表示された料金は為替レートにより変わります。
  • 料金は指標であり、事前予告なしに変更されることもあります。外科医の診察を受けるまでは確定されません。
  • 麻酔。G.A.は全身麻酔を、L.A.は局所麻酔を意味します。
  • 手術時間は手術室内で手術が完了するまでのおおよその時間です。
  • 入院日数はおおよその入院期間です。入院日数が書かれていない場合は外来での治療となります。
  • プーケット推奨滞在日数は、一般的に必要とされるプーケット滞在の最低日数を示しています。これには到着日、外科医との診察日、入院日と手術日、静養期間、及び帰国前の最後の診察日が含まれます。

Get Ready For Surgery

 

Want more information?

Complete our Online Estimate for a free instant quotation or simply contact us with any questions you have.

Get a Free Quote

その他の 体 手術

Other plastic surgery procedures performed at Phuket Plastic Surgery Institute (PPSI).

ページ 1 of 3 pages Next

ニューズレターの申し込み

最新のスペシャル・オファーを受け取る