乳頭縮小術

男女にかかわらず、長く大きな乳首に悩んでいる人は少なくありません。裸でも服を着ていても、そのことが気になって仕方がない人もいるでしょう。授乳は乳首の大きさや形を変え見た目を悪くしてしまうこともあります。乳頭縮小術はこの問題を永久的に解決し、自信を高めることができる安全な方法です。乳頭縮小術を受ける人は細菌増加傾向にあり、単独で受ける人もいれば豊胸手術や乳房リフト、乳房縮小術と組み合わせて受ける人もいます。

手術名

乳頭縮小術

手術の手順

執刀医はまず乳頭のどの部分を縮小すべきか査定します。その形や希望する結果に応じて、長さ、幅、あるいはその両方を縮小することができます。垂れた乳首やあまりにも突き出した乳首は短くされるでしょう。この場合は乳頭の先端を切除して縫合糸し、新しい先端を作ります。時には乳首周りの皮膚を切除して先端を底に縫い込むこともあります。乳首が長くはないものの非常に幅広く厚みがある場合は、乳首の下から楔形に切除します。この方法だと乳首が折り込まれ外周が小さくなります。溶ける縫合糸が使用されます。乳首が長くて幅広い人もいるでしょう。その場合は両方のやり方で行われます。

入院

外来手術。入院は不要

手術時間

1時間

麻酔

局所麻酔

手術前の注意事項

手術の前にアレルギー、全ての病歴・持病、使用しているあらゆる薬(処方薬、市販薬のどちらも)について担当医に報告してください。アスピリンやブルフェンなど抗凝血作用のある薬は手術の2週間前は避けること。喫煙は麻酔薬に対する反応に影響を与えたり治癒を遅らせたりする恐れがあるので、手術の2週間前から禁煙すべきです。高血圧の患者さんは必ず手術前にそのことを執刀医に報告しておかなければなりません。  

術後の注意事項

約1週間後に抜糸が必要なこともありますが、通常は溶ける縫合糸が使われることがほとんどなので、その場合は抜糸のために再来院する必要はありません。手術の翌日にはシャワーを浴びることができるでしょう。ほとんどの患者さんが1日ほどで日常生活や仕事に戻れます。

リスクと合併症

どんな外科手術にもリスクは付き物です。最も一般的なリスクは腫れ、あざ、出血、感染症、液体貯留、痺れ、乳首の感覚変化です。しかし、これらはめったに起きるものではなく、あったとしてもほとんどの場合一時的なものです。この手術で最も多く見られるリスクは、わずかな痛みと腫れです。担当医から鎮痛薬と抗炎症薬が処方され、ヒリヒリする痛みや腫れも通常2、3日目にはなくなるでしょう。この手術により授乳能力が妨げられることは普通ありません。

 

結果

この手術によって乳房とバランスの取れた大きさと形の乳首になるでしょう。

手術概要(PDF)

PDFのダウンロード

料金表

Please contact us for our latest prices.

Please contact us for our latest prices.

L.A.=局所麻酔、G.A.=全身麻酔

注意:

  • 料金はタイ・バーツで表示され請求されます。
  • その他の通貨で表示された料金は為替レートにより変わります。
  • 料金は指標であり、事前予告なしに変更されることもあります。外科医の診察を受けるまでは確定されません。
  • 麻酔。G.A.は全身麻酔を、L.A.は局所麻酔を意味します。
  • 手術時間は手術室内で手術が完了するまでのおおよその時間です。
  • 入院日数はおおよその入院期間です。入院日数が書かれていない場合は外来での治療となります。
  • プーケット推奨滞在日数は、一般的に必要とされるプーケット滞在の最低日数を示しています。これには到着日、外科医との診察日、入院日と手術日、静養期間、及び帰国前の最後の診察日が含まれます。

Get Ready For Surgery

 

Want more information?

Complete our Online Estimate for a free instant quotation or simply contact us with any questions you have.

Get a Free Quote

その他の 胸 手術

Other plastic surgery procedures performed at Phuket Plastic Surgery Institute (PPSI).

ページ 1 of 2 pages Next

ニューズレターの申し込み

最新のスペシャル・オファーを受け取る