乳輪縮小術

乳輪とは乳首を囲む色素の濃い皮膚のことです。大きな乳輪は乳房の他の部分と不釣り合いに見えるかもしれません。これは乳房縮小術や乳房リフトを受けた患者さんに特に顕著ですが、自然に起こることもあります(特に出産後)。乳輪が大きくても医学的にはなんら問題はありません。しかし、自尊心や身体イメージに大きく影響することもあります。乳輪縮小術は、乳輪の直径を小さく丸くしたい、あるいは乳輪の膨らみを減らしたい女性のお役に立てるでしょう。

手術名

乳輪縮小術

手術の手順

執刀医はまず乳輪を査定して患者さんに最適な手法を決めます。乳輪の外周から余分な部分を細くリング状に切り取ります。小さくなった乳輪の新しい端は周りの正常皮膚と縫い合わされますが、その時乳輪周囲に小さなひだがたくさんできます。これらのひだが自然になくなるまで数か月はかかるため、あまりにも多くのひだが形成される場合は、乳輪の下の皮膚を垂直に細長く切除することもあります。

入院

外来手術。入院は不要

手術時間

1~2時間

麻酔

局所麻酔

手術前の注意事項

手術の前にアレルギー、全ての病歴・持病、使用しているあらゆる薬(処方薬、市販薬のどちらも)について担当医に報告してください。術後の出血を予防するため、アスピリンやブルフェンなど抗凝血作用のある薬は手術前の2週間は避けること。喫煙も麻酔薬に対する反応に影響を与えたり治癒を遅らせたりする恐れがあるので、手術の少なくとも2週間前から禁煙すべきです。高血圧の患者さんは必ず手術前にそのことを執刀医に報告しておかなければなりません。

術後の注意事項

数日間は軽いガーゼの絆創膏などが必要です。手術の翌日にはシャワーを浴びられますが、抜糸するまではシャワーの前に患部に抗菌薬の軟膏を塗布して、汚れた水や汗が傷内部にはいらないようにしなくてはなりません。痛みや接触に対して過敏になることもありますが、数週間で退くでしょう。回復にかかる時間は個人差がありますが、ほとんどの患者さんが1~2日以内に仕事や日常生活に戻っています。

リスクと合併症

どんな外科手術にもリスクは付き物です。最も一般的なリスクは腫れ、あざ、出血、感染症、水分貯留、瘢痕化、痺れ、そして乳首や乳輪の感覚障害ですが、これらはまれであり、大抵一時的なものです。乳輪縮小術で一番よくあるリスクは、わずかな痛みと傷の瘢痕化です。担当医から鎮痛薬が処方され、通常2、3日目には痛みはなくなるでしょう。傷がなるべく目立たないよう可能な限り小さな切開がなされますが、傷跡がかすかな人がいる一方で、かなり目立つ人もいます。瘢痕組織が形成され始めた時にどのようなケアが必要なのかを知っておくため、傷跡の治療について担当医と事前に話し合ってください。傷を最小限にするため、溶ける縫合糸が使われるでしょう。その場合は、抜糸のため来院する必要はありません。この手術は通常、授乳には影響しません。

結果

術後、乳輪は乳首とバランスの取れた大きさや形になるでしょう。最初の週には、乳輪は既に自然で見栄え良くなっているでしょう。その後の数か月で更に改善していきます。手術で得られた結果は一生涯続きます。

手術概要(PDF)

PDFのダウンロード

料金表

Please contact us for our latest prices.

Please contact us for our latest prices.

L.A.=局所麻酔、G.A.=全身麻酔

注意:

  • 料金はタイ・バーツで表示され請求されます。
  • その他の通貨で表示された料金は為替レートにより変わります。
  • 料金は指標であり、事前予告なしに変更されることもあります。外科医の診察を受けるまでは確定されません。
  • 麻酔。G.A.は全身麻酔を、L.A.は局所麻酔を意味します。
  • 手術時間は手術室内で手術が完了するまでのおおよその時間です。
  • 入院日数はおおよその入院期間です。入院日数が書かれていない場合は外来での治療となります。
  • プーケット推奨滞在日数は、一般的に必要とされるプーケット滞在の最低日数を示しています。これには到着日、外科医との診察日、入院日と手術日、静養期間、及び帰国前の最後の診察日が含まれます。

Get Ready For Surgery

 

Want more information?

Complete our Online Estimate for a free instant quotation or simply contact us with any questions you have.

Get a Free Quote

その他の 胸 手術

Other plastic surgery procedures performed at Phuket Plastic Surgery Institute (PPSI).

ページ 1 of 2 pages Next

ニューズレターの申し込み

最新のスペシャル・オファーを受け取る