上腕形成術(アームリフト)

上腕形成術の恩恵を受けるのは普通、以下に挙げる3つのグループの人です。最初のグループは、腕が体に釣り合わない太さであるため、半袖のシャツやブラウスが似合わない若い女性です。ほとんどの人が張りのある皮膚をしていて、体の他の部分と釣り合った腕になりたいと希望しています。このようなケースは脂肪吸引(リポスカルプチャー)で簡単に修正できます。第2のグループは、加齢の兆候を少しでも阻止することを目指す中年の男女です。少したるんだ皮膚と厚みのある腕が特徴です。たるんだ皮膚の程度に応じて、脇の下をしわに隠れるように切開するのが一般的ですが、時には腕のところまで短い切開が必要になることもあります。上腕形成術で大きな恩恵を受けられる第3のグループは、かなりの体重減少を経験したあらゆる年代の男女です。体重増加により皮膚が伸びるため、減量後は皮膚がたるんで余ってしまいます。このグループの場合、脇の下から肘のところまで切開されます。傷はうっすらと見えますが、時間とともに薄くなるので、ほとんどの場合、良い見栄えを得るために支払わなくてはならない小さな代償と思えるでしょう。

 

手術名

上腕形成術(アームリフト)

一般名

アームリフト
 

手術の手順

担当の外科医はまず皮膚の余った部分に印を付けます。麻酔が施された後、腕の内側から脇の下までジグザグに切開されることが一般的です。皮膚は通常、楕円形または三角形に切り取られます。同時に脂肪組織を吸引することもよくあります。たるんだ皮膚と脂肪が除去された後、残った皮膚を引っ張り合わせて縫合します。皮膚が下部の組織とうまく癒着するのを促すために、縫合部位から過剰な体液を排出するドレーン管が付けられることもあります。縫合部には包帯が巻かれます。

 

入院

1泊

手術時間

4~5時間

麻酔

全身麻酔

手術前の注意事項

担当医から手術準備について説明があります。食事、飲酒、喫煙、服用すべきあるいは避けるべきビタミン・鉄剤・特定の薬について指示があるでしょう。風邪を引いたり、どんな種類でも感染症(特に皮膚の感染症)にかかっている場合は、手術を延期しなくてはならないかもしれません。高血圧の患者さんは必ず手術の前にそのことを執刀医に報告しておかなければなりません。術後の出血を予防するため、アスピリン、アスピリンやブルフェンを含むすべての薬は手術の2週間前から服用してはいけません。担当医とのコミュニケーションは非常に大切です。執刀医が何が実現可能であるかを判断できるよう、自分の希望する容姿をはっきりと話し合う必要があります。  

術後の注意事項

術後は、新しく形成された皮膚が下部の組織に癒着して治癒する間、腕の形を整えて固定するようにデザインされた圧迫帯が腕に巻かれます。縫合糸と、皮膚と組織の治癒を促すために挿入されたドレーン管も多分ついているでしょう。縫合糸の一部は吸収性のものですが、それ以外は再診の時に抜糸されます。腫れやあざ、こわばりのせいで多少不快に感じるかもしれません。体に合わない太い腕をした若い女性の手術の場合は1日か2日で回復するでしょう。加齢を止めたい中年の患者さんの回復期間は3、4日でしょう。大幅な減量後に手術が必要な患者さんは、仕事に復帰するまでに1週間ほどは必要となるでしょう。

 

リスクと合併症

どんな外科手術にもリスクは付き物です。最も一般的なリスクは腫れ、あざ、出血、感染症、水分貯留、瘢痕化です。上腕形成術でよく見られる多いリスクは、剥離した脂肪や血の塊が血流に入ることにより生じる肺塞栓です。とはいえ、これは極めてまれです。上腕形成術は、乳房切除術を受けた人には勧められません。腕から体液を排出する機能が既に損傷を受けているかもしれず、更なる手術は持続的な浮腫の原因となる恐れがあります。脇の下の感染症を繰り返している人や多汗症の人もこの手術には適していないでしょう。腕全体の厚みを減らすのに脂肪吸引の方が向いている場合もあります。

 

結果

術後すぐに腕のバランスや形の違いが分かるでしょう。しかし、改善された結果は腫れが引くに従い、だんだんと明らかになってきます。自分にもっと自信を持ち、今までとは違うタイプの服を楽しむこともできるでしょう。

 

手術概要(PDF)

PDFのダウンロード

料金表

Please contact us for our latest prices.

Please contact us for our latest prices.

L.A.=局所麻酔、G.A.=全身麻酔

注意:

  • 料金はタイ・バーツで表示され請求されます。
  • その他の通貨で表示された料金は為替レートにより変わります。
  • 料金は指標であり、事前予告なしに変更されることもあります。外科医の診察を受けるまでは確定されません。
  • 麻酔。G.A.は全身麻酔を、L.A.は局所麻酔を意味します。
  • 手術時間は手術室内で手術が完了するまでのおおよその時間です。
  • 入院日数はおおよその入院期間です。入院日数が書かれていない場合は外来での治療となります。
  • プーケット推奨滞在日数は、一般的に必要とされるプーケット滞在の最低日数を示しています。これには到着日、外科医との診察日、入院日と手術日、静養期間、及び帰国前の最後の診察日が含まれます。

Get Ready For Surgery

 

Want more information?

Complete our Online Estimate for a free instant quotation or simply contact us with any questions you have.

Get a Free Quote

その他の 体 手術

Other plastic surgery procedures performed at Phuket Plastic Surgery Institute (PPSI).

ページ 1 of 3 pages Next

ニューズレターの申し込み

最新のスペシャル・オファーを受け取る