ドクター・サングアン


ドクター・サングアンは、その専門分野において彼の右に出る者がいないほど、真面目で革新的な外科医として世界的に有名な形成外科医で、難易度が高い複雑なケースを引き受けることを厭いません。

患者さんには、彼が思慮深くて、細部にも細心の注意を払うほど忍耐強く、いつでも専門的なことについて話す用意があることが分かるでしょう。ドクター・サングアンは男性から女性への性別適合手術だけでなく、乳房手術、特に豊胸手術・乳房リフト、乳房縮小術も専門としており、彼の手術を受けるために世界中から患者さんが来られています。

ドクター・サングアンはタイ美容形成外科学会の事務局長を務めています。またPIAC外科委員会の委員長でもあり、PIACの全ての患者さんが満足し、手術結果が許容基準に達していることを彼の義務および目標として目を配っています。また、若い外科医たちを指導することに疲れ知らずに働き、自分の持つ知識や経験を伝えることを喜びとしています。

ドクター・サングアンは長年、ロータリークラブの会員で、2014年には地区ガバナーを務めました。彼は家族とプーケットに住んでおり、頻繁に交換留学生のホストファミリーをしています。ドクター・サングアンは出張することが多いため、患者さんは数か月前には予約を入れるようにお勧めします。

 

氏名

話せる言語

タイ語、英語

専門分野

外科医略歴(PDF)

PDFのダウンロード

  • 1978-1982年 バンコク、チュラロンコーン大学医学部 理学士
  • 1982-1984年 バンコク、チュラロンコーン大学医学部 医学士
  • 1984年 タイ形成再建外科医資格
  • 1984-1985年 インターン: ラヨン、ラヨン病院
  • 1985-1988年 スラタニー県サムイ島、サムイ島地域病院、総合診療医
  • 1988-1991年 チュラロンコーン病院形成再建外科研修医
  • 1991-1999年 タイ・プーケット、ワチラ総合病院常勤形成外科医
  • 1992-現在 プーケット形成外科クリニック、形成外科医
  • 1992年-現在 プーケット・インターナショナル病院非常勤形成外科医
  • 2006年-現在 プーケット・インターナショナル美容センター、創設メンバー形成外科医
  • 1991年 米国・フロリダ州タンパ、タンパ頭蓋顔面センター、特別研究員
  • 遊離組織移植: 方法、チュラ外科手術、ISSN0857-314X、93-96頁
  • 遊離血管枝付き軟骨皮膚混合耳弁による 鼻翼再建、第2回形成外科手術におけるTST三部会議 1994年
  • 遊離血管枝付き腓骨皮弁: 静脈移植を用いた吻合術における特殊技術、第2回形成外科手術におけるTST三部会議 1994年
  • タイにおける性転換者、法律と医療、アジア性科学ジャーナル、第2巻 2001年6月
  • 1991年 タイ、チュラロンコーン大学外科、優秀研究外科医
  • 1996年 タイ・プーケット、6APC-ICPRS、地区議長
  • 医師免許: タイ・メディカル・カウンシル 1994年 #12287
  • 1991年 タイ形成再建外科医認定
  • 性別適合手術、乳房手術
  • タイ・メディカル・カウンシル
  • タイ形成外科学会
  • タイ美容形成外科学会
  • 国際美容形成外科学会(ISAPS)

患者さんからの声

Read what past patients have to say about ドクター・サングアン, their experience with PPSI and other comments on the procedure, hospital staff, facilities and more.

芸術写真

ドクター・サングアン を受けた患者さんの術後の芸術写真から抜粋。

ページ page 1 of 2 pages Next

Other PPSI Surgeons

Browse other plastic surgeons at Phuket Plastic Surgery Institute (PPSI).

ページ 1 / 2 を表示 Next

ニューズレターの申し込み

最新のスペシャル・オファーを受け取る